山陰合同銀行との地域農業の発展に向けた連携協力に関する協定締結について – 株式会社農業総合研究所

お知らせ

山陰合同銀行との地域農業の発展に向けた連携協力に関する協定締結について

2017年10月05日

株式会社農業総合研究所(以下「当社」)と、株式会社山陰合同銀行(以下、「山陰合同銀行」)は、地域の農業関連事業者の事業展開に寄与することを目的に、平成29年10月5日(木)に地域農業の発展に向けた連携協力に関する協定に合意いたしました。

山陰合同銀行は島根・鳥取両県をはじめ、山陽・兵庫地域をカバーする広域な店舗ネットワークを活かし、経営理念「地域の夢、お客様の夢をかなえる創造的なベストバンク」の実現のため、地域のあらゆる金融ニーズに応え、地域経済の発展に積極的に貢献しています。

当社は全国の生産者とスーパーマーケットをITでダイレクトに繋ぎ、情報・物流・決済のプラットフォームを構築することで、これまでになかった新しい農産物流通システム「農家の直売所」を展開しております。

今回の連携協定により、両者が展開しているサービスや蓄積しているノウハウ、情報の共有化を図り、農業関連事業者の事業展開の支援強化を推進します。尚、本協定締結は、中国地方の金融機関では初の取組みとなり、島根・鳥取両県を中心とした山陰地域の事業推進支援、地場産業の育成や農業分野における地域経済の発展を目指してまいります。

今後も相互の連携強化と共に、全国地方銀行とのさらなる提携拡大も視野に、地域経済の発展・成長、並びにビジネスとして魅力ある農産業の確立を目指し、様々な課題解決に取り組んでまいります。

PDF版はこちらをご覧ください。