お知らせ – 株式会社農業総合研究所

お知らせ

『社長名鑑』に弊社代表及川が紹介されました。

2018年01月04日

日本初の社長と繋がれる、社長“直結”サイト『社長名鑑』にて、弊社代表及川が紹介されました。

創業までの経緯や事業説明など、及川のインタビュー動画がご覧いただけます!

 

社長名鑑TOPページへ クリック

インタビュー動画ページへ クリック

【中途:採用情報】 DODA転職フェア出展のお知らせ

2017年12月20日

こんにちは。株式会社農業総合研究所の採用担当です。
1月・2月開催、DODA転職フェア出展についてお知らせいたします。

当日は弊社採用担当役員・中途入社社員も参加し、
転職に関するご質問や、弊社の仕事についてお話させていただきます。

ぜひお気軽にお立ち寄りください!
皆様とお会いできることを楽しみにお待ちしております。

■DODA転職フェア(大阪)
・日時:2018年1月11日(木) 14:00~21:00
・場所:大阪(梅田) ハービスホール
[詳細は下記URLよりご確認ください]
https://doda.jp/e/fair/osaka/

■DODA転職フェア(東京)
・日時:2018年2月1日(木) 14:00~21:00
・場所:水道橋 東京ドームシティ内プリズムホール
[詳細は下記URLよりご確認ください]
https://doda.jp/e/fair/tokyo/

【お問い合わせ】
DODA転職フェア出展に関するご質問、お問い合わせにつきましては
中途採用担当宛にご連絡ください。
・TEL: 073-497-7077
・メール: recruit@nousouken.co.jp

南都銀行との農業支援に関する業務提携について   ~農業の発展による地域活性化を目指します~

2017年12月15日

株式会社農業総合研究所(以下「当社」)と、株式会社南都銀行(以下、「南都銀行」)は、地域の農業関連事業者の事業展開に寄与することを目的に、平成29年12月15日(金)に地域農業の発展に向けた連携協力に関する協定に合意いたしました。

南都銀行は奈良県を中心に大阪府、兵庫県、京都府、和歌山県、三重県をカバーする広域な店舗ネットワークを活かし、中期経営計画「活力創造プランⅡ~変革と挑戦~」における、地域活性化の取組みを推進しています。その取組みの一つとして、「農業活性化の支援」を施策に盛り込んでおり、本連携による農業者の経営支援を通じた地域経済の活性化を目指します。

当社は全国の生産者とスーパーマーケットをITでダイレクトに繋ぎ、情報・物流・決済のプラットフォームを構築することで、これまでになかった新しい農産物流通システム「農家の直売所」を展開しております。

今回の連携協定により、両者が展開しているサービスや蓄積しているノウハウ、情報の共有化を図り、農業関連事業者の事業展開の支援強化を推進していくことで、奈良県を中心とした近畿圏の事業推進支援、地場産業の育成や農業分野における地域経済の発展を目指してまいります。

今後も相互の連携強化と共に、全国地方銀行とのさらなる提携拡大も視野に、地域経済の発展・成長、並びにビジネスとして魅力ある農産業の確立を目指し、様々な課題解決に取り組んでまいります。

PDF版はこちらをご覧ください。

東京農大経営者フォーラム2017 授賞式・記念講演会

2017年11月20日

東京農業大学では、優れた経営やビジネスで活躍し社会に貢献している卒業生を表彰する「東京農大経営者フォーラム」を毎年開催しています。
この度、弊社代表の及川が「東京農大経営者大賞」を受賞いたします。11月24日(金)に、東京農業大学の百周年記念講堂にて授賞式及び記念講演会が開催されます。

詳細は下記をご覧下さい。

—————————
【東京農大経営者フォーラムとは】
 東京農業大学では、優れた経営で活躍し、社会に貢献している14万人余りの卒業生を対象に「東京農大経営者大賞」及び「東京農大経営者賞」を贈ります。
 本フォーラムの特長は、受賞者による講演の場を設けることで、学生がビジネスの最前線の情報や貴重な現場の経験を学べることです。また、学生に実地研修先として教育の場を提供して頂き、産学共同による研究や異業種間の交流などは本学ならではの成果といえます。

【表彰式&記念講演会開催概要】  
                     
日時:11月24日(金) 13:00~
場所:東京農業大学 世田谷キャンパス百周年記念講堂
   (東京都世田谷区桜丘1-1-1)
※ 一般公開(事前申し込み不要)/無料
主催:東京農業大学、東京農業大学短期大学部

——————————

山陰合同銀行との地域農業の発展に向けた連携協力に関する協定締結について

2017年10月05日

株式会社農業総合研究所(以下「当社」)と、株式会社山陰合同銀行(以下、「山陰合同銀行」)は、地域の農業関連事業者の事業展開に寄与することを目的に、平成29年10月5日(木)に地域農業の発展に向けた連携協力に関する協定に合意いたしました。

山陰合同銀行は島根・鳥取両県をはじめ、山陽・兵庫地域をカバーする広域な店舗ネットワークを活かし、経営理念「地域の夢、お客様の夢をかなえる創造的なベストバンク」の実現のため、地域のあらゆる金融ニーズに応え、地域経済の発展に積極的に貢献しています。

当社は全国の生産者とスーパーマーケットをITでダイレクトに繋ぎ、情報・物流・決済のプラットフォームを構築することで、これまでになかった新しい農産物流通システム「農家の直売所」を展開しております。

今回の連携協定により、両者が展開しているサービスや蓄積しているノウハウ、情報の共有化を図り、農業関連事業者の事業展開の支援強化を推進します。尚、本協定締結は、中国地方の金融機関では初の取組みとなり、島根・鳥取両県を中心とした山陰地域の事業推進支援、地場産業の育成や農業分野における地域経済の発展を目指してまいります。

今後も相互の連携強化と共に、全国地方銀行とのさらなる提携拡大も視野に、地域経済の発展・成長、並びにビジネスとして魅力ある農産業の確立を目指し、様々な課題解決に取り組んでまいります。

PDF版はこちらをご覧ください。

東京営業所移転のお知らせ

2017年09月20日

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

さて、このたび弊社東京営業所は9月25日(月)より下記に移転することとなりました。

〒140-0014 東京都品川区大井1丁目47−1 NTビル8階
(JR京浜東北線・りんかい線 大井町駅より徒歩3分・東急大井町線 大井町駅より徒歩5分)
電話番号:03-6417-1047/ FAX番号:03-6417-1048

今後ともよろしくお願い致します。

2018年新卒採用終了のお知らせ

2017年09月01日

2017年9月1日をもちまして、2018年新卒採用のエントリー受付は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました!

2019年採用向けスケジュールは決まり次第【2019年新卒採用】ページにてご案内予定です。

採用に関する情報は、こちらの【リクルートニュース】にてお知らせいたします。
ぜひご覧ください。

Webサイト「注目の西日本ベンチャー100」に弊社が取り上げられました。

2017年08月31日

ベンチャー業界誌『ベンチャー通信』を発行しているイシン株式会社(旧:株式会社幕末)が運営するWebサイト『注目の西日本ベンチャー100』に、弊社の紹介ページが掲載されました。

掲載URL
http://www.nishinihon-venture.com/company/nousouken/

紀伊民報新聞に弊社の記事が掲載されました。

2017年08月31日

紀伊民報新聞(2017年8月29日)
【魅力ある農業語る~田辺の研修会で及川さん~】

8月28日に和歌山県田辺市で開かれた『SUN・燦紀南農業者の集い』における弊社代表及川の講演の様子が紹介されています。

~JAL×農業総合研究所×世界市場~ 「NIPPON ICHIBA」を活用した農産物の輸出を開始 ~北海道 帯広から香港へ初出荷~

2017年08月29日

日本航空株式会社(以下「JAL」)、株式会社農業総合研究所(以下「農業総合研究所」)、株式会社世界市場(以下「世界市場」)の3 社は、地方発農産物の取引拡大と日本の農産物の世界への輸出拡大を促進することで、ビジネスとして魅力ある農業の確立や地域の活性化に貢献することを目的とし、本年7 月に連携協定を締結しました。(*1)

このたび、世界市場が構築した市場プラットフォーム「NIPPON ICHIBA」を活用した農産物の輸出の準備が整い、8 月29 日に帯広市近郊にある芽室集荷場から、香港および東京近郊のスーパーマーケットへ初出荷を行うこととなりました。帯広空港から香港空港までは、JAL CARGO(貨物部門)の提供する「J-LINK」(*2)サービスにより輸送します。

今回出荷される農産物は、緑豊かな十勝芽室の農業経営者のグループ「なまら十勝野」(*3)が安心・安全・美味しいを追求し、こだわりをもって育てました。「肥沃な十勝平野で育んだ、とっても美味しい野菜を多くの人に届けたい」、そんな思いが込められています。

これからも3 社はそれぞれの得意分野を組み合わせ、日本各地の素晴らしい農産物を国内外へ届け、農業の発展・地域の活性化に貢献してまいります。

概 要
出荷する農産物:スイートコーン、ミニトマト、小玉西瓜、人参、ケールなど
搭載されるフライト:
国内線フライト 8 月29 日 JL572 便(帯広 13:55 発 / 羽田 15:35 着)
国際線フライト 8 月30 日 JL029 便(羽田 10:00 発 / 香港 13:35 着)
販売先:香港 ヤッタ・スーパー(YATA)、パークン・ショップ(PARKnSHOP)

 

(*1)2017 年7 月12 日付プレスリリース 「JAL×「世界市場」日本産農産物の世界への輸出拡大を目指し連携」

(*2)J-LINK…日本各地から羽田空港を経由し、海外へ迅速に輸送するサービス

(*3)株式会社なまら十勝野…芽室町内の若手畑作農家13 戸が出資し結成した農業経営者グループ

 

PDF版はこちらをご覧ください。

1 / 1112345...10...最後 »