日本郵便株式会社四国支社との業務委託契約の締結について – 株式会社農業総合研究所

お知らせ

日本郵便株式会社四国支社との業務委託契約の締結について

2018年04月18日

株式会社農業総合研究所(以下「当社」)と日本郵便株式会社四国支社(所在地:愛媛県松山市、支社長:篠原 勝則、以下「日本郵便四国支社」)は、これまで連携して実施してまいりました、農産物流通事業に関連する集荷場事業(以下「集荷場事業」)において、さらなる生産者の新規登録数拡大を促進するため、業務委託契約を締結いたしました。

1.事業概要
  郵便局に、農産物等を出荷する生産者(以下「出荷者」)が農産物等を持ち込み、郵便輸送網を活用し、各地のスーパーマーケット等販売拠点へ発送を行うことで、地域貢献及び地元農産物の流通経路・販売チャネルの拡大を図る。

2.業務委託の目的
  集荷場事業において野菜、果物、その他の農産物及びこれらの加工品等(以下「農産物等」)の出荷を拡大し、農産物流通を促進するため、出荷者を新規に募集すること。

3.業務委託の内容
  日本郵便四国支社は、以下、業務を遂行するために、日本郵便四国支社が所有または賃借する郵便局内に集荷場及び集荷場を補完する施設(以下、総称して「集荷場等」)を設置し、運営をする。
1.出荷者の募集業務、登録業務。
2.集荷場等で出荷者から持ち込まれた農産物等を、当社が契約しているスーパーマーケット等(以下、「スーパー等」)へ日本郵便四国支社の物流を活用し出荷。

 今後、両社は、四国での実績を見ながら業務拡大を検討してまいります。将来的には、生産者が近くの郵便局に農産物等を持って行くことで、全国のスーパー等で販売できる仕組みを実現したいと考えております。当社は今後とも、全国の生産者に販路拡大を提供し、安定的な収益を獲得することに貢献してまいります。

PDF版はこちらをご確認ください