お知らせ

JR東日本と農産物流通プラットフォームを共同運用~鉄道インフラを活用して新鮮な産直農産物を最短でお届けします~

2021年03月03日

「持続可能な農産業を実現し、生活者を豊かにする」をビジョンに掲げ、全国の都市部を中心としたスーパーマーケットで『農家の直売所』を運営する株式会社農業総合研究所(本社:和歌山県和歌山市、代表取締役社長:堀内寛、以下「農総研」)は、2020年10月14日に発表した東日本旅客鉄道株式会社(以下、「JR東日本」)との資本業務提携の第一弾として、JR東日本のインフラを活用した新しい農産物流通プラットフォームの共同運用をスタートします。この提携事業を通じて、主に関東・甲信エリアの農産物の販路拡大と生産者の収入源増を目指すとともに、新鮮で鮮度の高い農産物を首都圏を中心とした消費者に最短1日でお届けします。

詳しくはこちらをご確認下さい。