2017年 – ページ 3 – 株式会社農業総合研究所

お知らせ

読売新聞に弊社の記事が掲載されました。

2017年08月31日

読売新聞(2017年8月29日 朝刊)
【特集(きりひらくNippon)-新鮮野菜 スピード輸出/中間業者省き リーズナブルに】
香港への輸出に関する内容が紹介されています。

~JAL×農業総合研究所×世界市場~ 「NIPPON ICHIBA」を活用した農産物の輸出を開始 ~北海道 帯広から香港へ初出荷~

2017年08月29日

日本航空株式会社(以下「JAL」)、株式会社農業総合研究所(以下「農業総合研究所」)、株式会社世界市場(以下「世界市場」)の3 社は、地方発農産物の取引拡大と日本の農産物の世界への輸出拡大を促進することで、ビジネスとして魅力ある農業の確立や地域の活性化に貢献することを目的とし、本年7 月に連携協定を締結しました。(*1)

このたび、世界市場が構築した市場プラットフォーム「NIPPON ICHIBA」を活用した農産物の輸出の準備が整い、8 月29 日に帯広市近郊にある芽室集荷場から、香港および東京近郊のスーパーマーケットへ初出荷を行うこととなりました。帯広空港から香港空港までは、JAL CARGO(貨物部門)の提供する「J-LINK」(*2)サービスにより輸送します。

今回出荷される農産物は、緑豊かな十勝芽室の農業経営者のグループ「なまら十勝野」(*3)が安心・安全・美味しいを追求し、こだわりをもって育てました。「肥沃な十勝平野で育んだ、とっても美味しい野菜を多くの人に届けたい」、そんな思いが込められています。

これからも3 社はそれぞれの得意分野を組み合わせ、日本各地の素晴らしい農産物を国内外へ届け、農業の発展・地域の活性化に貢献してまいります。

概 要
出荷する農産物:スイートコーン、ミニトマト、小玉西瓜、人参、ケールなど
搭載されるフライト:
国内線フライト 8 月29 日 JL572 便(帯広 13:55 発 / 羽田 15:35 着)
国際線フライト 8 月30 日 JL029 便(羽田 10:00 発 / 香港 13:35 着)
販売先:香港 ヤッタ・スーパー(YATA)、パークン・ショップ(PARKnSHOP)

 

(*1)2017 年7 月12 日付プレスリリース 「JAL×「世界市場」日本産農産物の世界への輸出拡大を目指し連携」

(*2)J-LINK…日本各地から羽田空港を経由し、海外へ迅速に輸送するサービス

(*3)株式会社なまら十勝野…芽室町内の若手畑作農家13 戸が出資し結成した農業経営者グループ

 

PDF版はこちらをご覧ください。

産直コペル(産直新聞社)に弊社の記事が掲載されました。

2017年08月18日

産直コペル(2017.9 Vol.25)
【特集:農産物流通】
~新たな物流の形、持続可能な農業実現のために~

農家の直売所事業の紹介と弊社取締役堀内のインタビューが掲載されています。

日刊工業新聞に子会社の世界市場と弊社の記事が掲載されました。

2017年08月18日

日刊工業新聞(2017年8月18日)
日経工業新聞デジタル版(2017年8月18日)
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00438473

【世界に挑む成長企業−“日本ならでは”で勝負~食材/青果物で商流づくり~】

マイナビニュース 相場の福の神の「この会社のビジネスモデルがすごい!」にて弊社が紹介されました。

2017年08月18日

マイナビニュース(2018年8月17日)
コラム:相場の福の神の「この会社のビジネスモデルがすごい!」
~50万円で起業、日本の農家を元気にする企業~
http://news.mynavi.jp/column/fukunokami/003/

「相場の福の神」と呼ばれるSBI証券客員マーケットアナリストの藤本誠之さんの連載コラムにて、弊社が紹介されました。

BS12chチャンネル-TwellV「竹中平蔵の骨太対談」(8月5日放送)にて『企業家大賞』授賞式の様子が紹介されます。

2017年08月05日

8月5日(土)放送のBS12chチャンネル-TwellV「竹中平蔵の骨太対談」にて、7月に授賞した『企業家大賞』の授賞式の様子が紹介されます。

番組では、弊社代表の及川の他、企業家大賞に輝いたGMOインターネットの安田昌史副社長ほか、クリーク・アンド・リバー社井川幸広社長、メディアドゥ藤田恭嗣社長、リネットジャパングループ黒田武志社長、MUJIN滝野一征CEOが登場。ジャパネットたかた創業者の高田明審査委員長による表彰状とトロフィーの授与式の様子、各企業家の喜びの声が収録されています。

■番組名

竹中平蔵の骨太対談

■放送局

BS12chチャンネル「TwellV」

■放送日時

8月5日(土)    6時~6時30分
8月19日(土) 6時~6時30分(再放送)

チャンネルジャパン他にて弊社が紹介されます。

2017年07月26日

以下の番組にて弊社の特集番組が紹介されます。

CNBC Asia:2017年8月13日(日)9:00~10:00/ 17:00~18:00(シンガポール時間)
METRO TV:2017年8月13日(日) 7:30~ 8:00(インドネシア時間)
USTREAM:2017年8月15日(火) 10:00~10:30(日本時間)
日経CNBC:2017年8月13日(日)10:00~11:00 / 18:00~19:00(日本時間)

番組は6月21日にテレビ東京『ワールドビジネスサテライト』に紹介された、特集になります。

「Channel JAPAN(チャンネルジャパン)」は、日本のビジネス・経済情報や、今のクールで高度な日本の流行、文化、テクノロジーなどを、新鮮なうちにアジア各国・地域の皆様にお届けする、知的情報番組です。

http://www.ch-japan.com/ja/about

北海道新聞に弊社の記事が掲載されました。

2017年07月26日

北海道新聞(2017年7月25日)10面
【道産野菜 香港に空輸~来月から札幌・芽室で集荷】

8月に予定されている、北海道(札幌・芽室)集荷場開設について、そして香港への輸出について紹介されています

採用情報のお知らせ

2017年07月21日

当ウェブサイトへお越しいただきありがとうございます。

この度、皆様へ充実した内容をお伝えできるよう、
採用情報ページのリニューアルを行いました。

今後とも宜しくお願いいたします。

JAL、農業総合研究所、世界市場 国内流通及び輸出の拡大を目指した3社連携協定締結について

2017年07月12日

 日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木 義晴、以下「JAL」)、株式会社農業総合研究所(本社:和歌山県和歌山市、代表取締役社長:及川 智正、以下「農業総合研究所」)、株式会社世界市場(本社:東京都港区、代表取締役社長:村田 卓弥、以下「世界市場」)の3社は連携協定を結び、世界市場が構築した市場プラットフォーム「NIPPON ICHIBA」の円滑な運営を通じて、「農産物の日本からの輸出拡大」と「日本の地方発農産物の取引拡大」を推進し、地域の活性化に向けて支援・協力することとしました。

 農業総合研究所は、日本全国の生産者とスーパーマーケットをITでダイレクトに繋ぎ、情報・物流・決済のプラットフォームを構築することにより、これまでになかった新しい農産物流通システム「農家の直売所」を展開しています。
 世界市場は、農業総合研究所が日本国内で展開する「農家の直売所」の運営モデルを前提とした「NIPPON ICHIBA」を海外展開し、世界中の消費者に安心・安全・おいしい日本産農産物を届けます。2017年2月より、香港のスーパーマーケットでの販路を確保し、独自に開発したITシステムを通して、日本の生産者に現地の市場情報を提供し、また日本各地から現地までの輸送手配も請け負っています。既存の海外市場流通と比較し、商流の一元管理と流通コスト、中間マージンの効率化により、生産者に適正なマージンを還元し、日本国外で収益を拡大する機会を提供することが可能になりました。

 2017年8月からは、和歌山と北海道の集荷拠点にて生産者より農産物をお預かりし、香港へ航空輸送して現地提携スーパーマーケットにて「NIPPON ICHIBA」を活用した販売を開始します。これを契機に、日本国内の集荷拠点を順次拡大し、海外の消費者に日本産農産物を手頃な価格で提供することで流通拡大を目指します。また将来、シンガポールや台湾などへ販路を拡大します。

 JALは各地支店に寄せられる海外展開のニーズや問い合わせに対し、「NIPPON ICHIBA」を紹介して国内の生産者と海外の消費者の橋渡しをし、日本の地域活性化に貢献してまいります。
また、JAL CARGO(貨物部門)の定温輸送ノウハウを活かし、農産物の特性やニーズにあわせた輸送方法を提案します。将来的には、日本各地と首都圏を結ぶJAL国内線と首都圏を基点とするJAL国際線ネットワークの組み合わせにより、日本各地から世界各地へスピーディーな輸送を提供していきます。

 今回の連携を通じて3社は、それぞれの得意分野を組み合わせることで、日本産農産物の輸出拡大を目指してまいります。

PDF版はこちらをご覧ください。

別添資料1:農産物流通システム「農家の直売所」の機能概要
別添資料2:市場(いちば)プラットフォーム「NIPPON ICHIBA」の機能概要